2014年10月07日

『 返り花愛はいつでも共に在る 』回想瘋癲老仁妄句29-05


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 回想瘋癲老仁妄句 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




『 返り花愛はいつでも共に在る 』回想瘋癲老仁妄句29-05








★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。







★ 回想瘋癲老仁妄句29-05zck0305tp0705

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

返り花愛はいつでも共に在る

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 小春日和には、いろいろの花が、返り咲きをします。
 今年は台風や、異常気象で、時期もいろいろでした。
 庭のヒメリンゴなどは、三度も花を咲かせてくれました。



 返り花を、前は、狂い花とも言っていましたけれど、今は、使わないようです。
 「狂」の字に差別的な色合いが濃いらしいのです。
 でも、世の中、いよいよ、おかしくなっていきますね・・・いよいよ狂っていくようです。政治屋さんたちも狂っていますよね・・・そんな風に使っていますけれど。


 老仁も、今、すこし、妄詩に狂っているようです。
 恋に狂った方がまだいいでしょうに・・・


 そんな力はありません。
 念じて、一休さんの真似をしたいと思いはしますけれど、恋に狂うには知恵と力が要るんですね。・・・どんな力と知恵がいるのか、実はわかっていないのです。
 一休さんを、本気で知れば、本気で真似すれば、その知恵と力を手に入れることができるのでしょうね・・・



 <本気>になることが、まず、むずかしい。



 けれど、恋も愛も、人間的な、あまりにも人間的な情念だとも思われます。
 この情念を超えたところに、一休さんはいるのでしょうか・・・
 それとも、やはり、人間的すぎる情念のままを生きたのでしょうか・・・


 空即是色する人は煩悩のままを生き抜くのでしょうか・・・
 煩悩を超克するのでしょうか・・・


 親鸞さんが、聖徳太子の化身と寝たという意味を、老仁は、まだ、理解できないでいます。



 花が咲くのは、自然の営みであり、季節が花を咲かせるのですけれど、それは情緒的な季節ではなく、温度とか湿度とかの即物的な条件なのですよね。遺伝子の命令なのでしょうね。だから小春日なんですね。



 愛は不仁。
 起こるときに起こるものなのでしょうね。
 起こるということは、形を為すということなんでしょう。



 形を為した愛は、また、形を失う。
 形になる前の愛も、形を失った後の愛も、
 愛に変わりはないのですね。


 はじめに愛ありき、なんですね。





 一休さんの情愛は、現れてもよかったし、現れなくてもよかったのでしょうか・・・
 親鸞さんの情愛は、遺伝子の命令を受容したのでしょうか・・・



 愛は、不仁。



 無為自然の流れの中で、求めても、求めなくても、享受できるものとして・・・愛は在るのだと感じるのですけれど・・・





 花と共に在るように、
 人とも、共に在ることができる。

 水のように、
 風のように、
 光のように、

 いつでも、共に在るもの、
 それが・・・愛。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 川柳で交心tp0103『 頭に白髪されどしぶとく青二才 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 瘋癲老仁妄詩21-05『 星降る夜フォイエルバッハを読んでいる 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ めぐり逢い良寛さん003-01『 杜鵑ついに幻の恋となる 』zbv2201tq21 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


Posted by 青柳仁 at 23:07Comments(0)写真俳句

2014年09月04日

『 おののきのなかから 』鉛のような倦怠に




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 鉛のような倦怠に01 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 鉛のような倦怠に01p01『 おののきのなかから 』

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――



ついにやぶれないだろうことを予め知りながら
なおやぶれることへの熱い期待は
生の全体にわたる不安にふるえる
ひそかに ひそかに
いのちのおののきを肌の内に耐える痛みを
生活でわりきる哀しみが
ぬぐいがたい習性としてあるのに驚く
恐れは少女に似ているのに
この分別は 少女を裏切る
生活という名の定期便
愛という名の管理機構に
いのちの更生もおしつぶされる
なのにすがるように
生活に戻り 愛に希望を仮託する
いのちを裏切っても
生活と愛は裏切れないさがを
またしても固定する
もはやとりかえしもつかない失われた時に
想いをめぐらすのは不幸なことか
かくて今日のこのおののきは
いつわりにすぎなかったのか
生にしかけられた蒼ざめた罠を
注意深く避けて通った幸福を喜ぶべきか
明日 その幸福を確認するだろう
もしも 傷がのこったとしても
それはやぶれえなかった後悔のしるしではなく
いのちの新しい発見なのだ
今日の日々のさびしさ つらさが
愛のありように新しい光を与えたしるしなのだ
明日 わたしは
偽りによってではなく
いのちの更生として 夫に抱かれるだろう
わたし自身に晒されたわたしのよわさを
笑わずに
わたし自身に許そう
わたしのなかにやさしさが甦る
いのちのおののきを
やさしく 熱く 夫に向かわせよう
わたしのなかで
なにかが やぶれたようだ



――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます。







 この不安 この戦きはなに ?





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 愛写真俳句 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575『 恍恍といつもひとすじ酔芙蓉 』tq0403








★ 愛写真俳句mokoi00301tq0403

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

恍恍といつもひとすじ酔芙蓉

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。









★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 一休さんを遊ぶ0088wq0902『 超えて今地獄の花か酔芙蓉 』tr09 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


Posted by 青柳仁 at 14:56Comments(0)写真俳句