Posted by at

2014年03月19日

森0682『 看看涅槃堂裡禅 』tx09





★ 。・。・゜♪゜・。・。★  森女遊泳 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 森女遊泳0682『 看看涅槃堂裡禅 』ws12tx09

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

 看々涅槃堂裡禅

 昔年百丈鋤頭邊

 夜遊爛酔畫屏底

 閻老面前奈飯銭

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――



 看よ看よ、涅槃堂裡の禅、
 昔年、百丈、鋤頭の辺。
 夜遊、爛酔、画屏の底、
 閻老、面前、飯銭を奈イカンせん。



仁訳
 見てよ、見てよ、ほら、森公が涅槃さんのように寝ているよ、
 ぼくはうっとりとそんな森女に見惚れて坐っているだけだよ。
 昔々、百丈さんは弟子に鋤を隠されて、絶食したものだけれどね。
 ぼくなんか一日何にも為さずに絵屏風の陰で泥酔しているばかりなんだ、
 閻魔さんにその酒代を支払わされても、溜まりすぎて払えやしないよ。





★☆★☆★ ★  ★ ★☆★☆★





 女の寝顔はビューティフル、
 命の花と咲いている。
 働かざる者食うべからずだが、
 ぼくはただ花を眺めて
 惚け冥利   五行詩tx0901





 この詩は一休さんが偶然にも住吉で森女さんと再会して、あまりの懐かしさに森女さんと再会を喜び語り明かす夜のひと時と読んでもいいようです。
 ぼくはもう来る日も来る日も夜遊び、爛酔して粋がっているというのに、この女の無垢な笑顔はなんという美しさだろう。
 話を聞けばぼくなどが想像することもできない人間地獄を生きのびてきたというのにこんなにも穏やかな清浄な表情でいることができるものなのか・・・
 荒廃し尽くした戦乱の世の中の殺戮と飢餓地獄の有り様を見てきた一休さんにそれは神秘的な幻想を抱かせる森女さんの無垢な微笑みの美しさでした・・・


 その森女さんの微笑みに、一休さんは弥勒菩薩さんの現成を幻視したのでしょう。
 その現成した弥勒さんとの至福の愛を幻視して、一休さんは恋弥勒賛歌の詩を『夢閨の詩』として狂雲集に収めています。





 ぼくの言葉遊びの道標のひとつですけれど、森女さんの夢閨の詩を辿って、真似恋弥勒さんの幻想を遊ばせてもらいます。






木の芽吹く山路ささやきあい満ちる   旅仁tx0902






 木の芽吹く山路ささやきあい満ちる   旅仁tx0902


 分別もなく命清浄







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 言葉遊び交心『 都都逸で交心 エンドレス・ラブを詠む 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 妄恋575交心ty0702『 再びのやまと古郷花の旅 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 尻取り都々逸言葉遊び交心028-03『 花咲き初めし乙女の時の 恋の初心を語らんか 』ty0106 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





  


Posted by 青柳仁 at 23:52Comments(0)一休詩真似一休さん遊び